1年生3学期の期末テスト

心を入れ替えてから、約2か月。ついに期末テストが始まりました。

この前は友人から2年前に出された英語の期末テストのプリントを入手し、「お母さん、これプリントアウトして!先生が一緒だから、きっと同じ問題が出ると思うんだー」とせがんできました。

いや、頑張るってそういう事じゃないんですが…

何か、大学生みたいな事やってるな~~。(-_-;)

 

とはいえ、期末試験の1週間前から校友会活動は中止。早く帰ってきて勉強を頑張ってます。浮上に向けて必死です。

ちなみに、学校は生徒に非常~に優しく、科目によっては「この問題一覧の中から15問出します」みたいにプリントが配られるものもあり、本来点数取るのはさほど難しいことじゃないはずなんだけどな。。。

聞いてみたら、学力はやっぱり女子>男子みたいで、クラスの女子のほとんどは9か10取るみたい。男子は8かな。息子も今回は8目指したい、と言ってましたが、そもそも積み上げたものが違うからな~。いきなりそんなに伸びないと思うけど…

 

衝撃!慶應中等部では、期末試験の後は授業がない!?

期末試験は3月8日まであります。

私が通っていた中学校では、期末試験の後も授業があって、春休み直前まで勉強していたイメージがあるんですが、中等部では期末試験後、社会科見学などの行事で埋められていて、いわゆる学科の授業は一切ないんだそうです。

(・o・) え…ウソでしょ?

(ノ´Д`) ホントだって。スケジュール見てよ、ホラ。

(-_-;) …ホントだ

やっぱり進学校と違ってノンビリしてるというか、教養をつけることに主眼を置いているというのか…

オイ!ちょっと羨ましいぞ!!

 

授業のコマ数も少ないように感じるんだけど、そこは公立中と違って、土曜日も授業があるため、足りているようです。そして、意外と進度が早い!

基本、地頭の良い子が集まっているのでついていけるし、出来ない子は「自分の判断で追いつくようにする」ということが求められているのです。

さらに授業、特に数学や社会では分野横断的というか、中1の範囲だけでなく、いきなり高校で習うような分野まで出てきたりして。

 

中学受験の時にお世話になった先生に見せてみたところ、

「先生の趣味っぽい部分も入ってますね~。でもそれが慶應ですから」

だそうです。

 

成績は10段階評価!

先ほどもちょっと書きましたが、成績は10段階評価です。私の時代もそうでしたが、ちょっと違うのは「8」とか「9」とかじゃなく、「8.3」とか「9.2」みたいに、小数点0.1の位まであるんですよ。

と、いうことは…

厳密には100段階評価!?

その微妙な違い、先生よく評価できるな~と感心してみたり。

深海魚はそんな微妙なところではなく、『ちょっとでも上に這い上がれ!』という状態です。今回はどうなるかな~。

また、中等部と普通部では、やっぱり普通部の方がガッツリ勉強するそうです。
普通部では「先生」と呼びますし、そのあたりは普通の進学校と同じなようで。
(中等部では、先生も「さん」付けで呼びます。家で話す時、〇〇さんが~とか話すので、一瞬生徒同士の話なのかと思ってしまいます)

そして、普通部では理科のレポートが「激ムズ」なんだそうです。
論理の展開をきちんとしなくてはならず、
中学受験の前、労作展に行ったときちょっと見たことがありますが、
「これ、本当に中学生が書いたものなの!?」という出来でした。

もしムスコが高校生になって、普通部に通うことになったら、
あの超絶難しいレポートを作らなくてはならないかと思うと…

うーん…

正直不安だな~

そして、先生から言われたことがあって…

中等部の成績は、普通部に行ったら約2つ下がる

・・・・・・・・・は?

つまり、中等部での「10」は普通部では「8」くらいの位置なんだとか。
何そのFXっぽい格差(´Д`)

ムスコ、留年とかしないといいけど…

そんな息子の勉強部屋を公開します

はい、こちらがムスコの勉強部屋です。
さっき潜入してきました。
勉強してるのか、してないのか…

ただ…

ちょっと待て!

机の真ん中にある電卓、何だ??

ズル???

果たして、ズルなのかどうか…
期末試験が終わったら、そのあたりもハッキリさせようと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。