祝!慶應が高校野球で勝利!2回戦へ!!

夏の甲子園が始まりましたね~!

あの松井秀喜さんが始球式をしたりと話題豊富な今年の高校野球。

 

そんな中、やっぱり私たちが関心が高いのは…慶應が勝てるかどうか!

学校の先生や知り合いの生徒(中等部ですよ?普通部じゃなく)も慶應マインドを出して、甲子園に応援に行ってます。

 

クラスLINEはこの話題で持ち切り。

 

そして、勝利の一報が届いたら…とんでもない数のメールが!!!

やっぱり社中なんですね~

 

そんな慶應が勝ち進んだシーンですが、実は私見られてないのです(涙)

なので、こんな記事を読んで、一人盛り上がってました。

 

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第1日目の第3試合は、慶応(北神奈川)が3-2で中越(新潟)にサヨナラ勝ちした。

慶応は2-1とリードした7回、中越・広瀬の左前打を左翼手が後逸。ボールが外野を転々とする間に打者走者の生還を許し、同点に追いつかれた。

試合は同点のまま最終回にもつれ込むと、9回裏に決着。2死から四球と右前打で2死一、二塁のチャンスを作ると、1番・宮尾将内野手(3年)が中前に適時打を放ってサヨナラ勝ち。劇的な幕切れで、接戦にケリをつけた。

中越は先発右腕の山本雅樹(3年)と左腕の山田叶夢(3年)を相手打者の左右によって小刻みに継投、慶応打線をかわしていたが、最後の最後に痛打を浴びた。相手の7安打を上回る8安打を放ったものの、惜しくも競り負けた。8回、1死一、三塁の勝ち越しの好機にスクイズを失敗、飛び出した三塁走者が刺されたミスも痛かった。

出典:RAKUTENニュース

 

というわけで、2回戦は応援するぞ~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。