慶應中等部生は内部進学のため塾に行く?

中学2年生の夏休みが本格的に始まりましたね~。

 

ウチの子は成績が今一つだったので、この夏休みは特訓しないと!と思ってます。

でも今日も部活に出たっきり。わかってんのかな。

 

そこでふと疑問に思ったこと。

慶應中等部生は、内部進学の為に塾に行くのか?

あるいは家庭教師をつけているのか?

 

これって保護者の中でも案外センシティブなところで、なかなか情報が出てこないんですよね…。

でも、色々聞いてみたら、かなりの人数が何らか塾に通っていることが判明しました。

 

慶應中等部の授業はどんなもの?

世の中にある様々な塾。

それはほとんどが「高校受験」をメインとしたものです。

中2の間に中学生の学習範囲をすべて終え、中3は受験テクニックを磨いていくというものです。

 

では中等部生がそういう塾に行って、学校の成績アップにつながるかと言うと…

ざっと調べた限り、ならないようです。

 

実は我が家ではこの夏、息子を個別指導の補習塾に入れることにしました。

勉強が進まないこの夏の間に、今まで出来ていなかった部分を勉強しなおそうということで。

 

そこで塾の先生に、学校で使ってるプリントとか教科書とか持って行って、

アレコレ面談してきたのですが、ビックリしたのが

 

塾の先生ああ、これ中学の範囲超えちゃってますね

 

ええっ?どういうこと?

 

よく聞くと、学校では教科書を使って勉強することはほとんどなく、各科目の先生が独自で準備したプリントを使って勉強を進めて行くんだそう。

例えば一次関数をやる。

これは中学の数学の範囲(私はわかんないけど)。

で、ここからプリントでは1次関数の範囲を飛び越えて、その先の高等数学の分野まで踏み込んで行ってるらしい。(塾の先生から名称言われたけど、わからないです)

中間テストや期末テストは、その範囲の中で出題されるので、中学の分野だけやっていたら絶対に点数は取れないんだって。

 

塾の先生慶應は中学受験で人を集めていることもあるので、ベースとして中学数学は自力で出来るようになりなさい、という暗黙の了解があるのかもしれません。その先の勉強をすることで、学習の面白さを伝えているのかもしれないですね。

 

ああ、、なるほど、って思っちゃいました。

慶應に入っても、気を抜くとすぐ落ちこぼれるのはこういう所にあるのね…

 

慶應内部生は塾に行くのか?

いずれにせよ、通常の塾の授業に放り込んだだけでは学校の成績は上がらないことがわかりました。

そこで、塾の先生と相談して、学校のプリントを中心に勉強を進めることにしました。

塾のカリキュラムは一切無視して。

 

実はこの塾、関東全域に展開している大手進学塾なんですが、その個別指導分野の塾なんです。

で、そのネットワークで調べてもらったら、慶應の中学生(中等部・普通部・SFC生)が何人か通っているとのことでした。

いずれも個別指導で、カリキュラムを無視して学校のプリント中心に行っているようです。

 

またその他にも、慶應内部生専用の塾がいくつかありました(自宅から遠いので行かせてませんが…)。

 

そして息子が友人に聞いてみると、かなりの数が塾に通っているというのです。こっそりと。

やっぱり大っぴらに「塾行ってるぜ!」なんていう子はいないのですが、

よくよく聞くと行ってたり、家庭教師をつけてたりしています。

 

慶應の中学に入れたら10年間はバラ色の学生生活…とはいかないようですね。

 

とはいえ、やっぱり天才の類はいるらしく、

〇〇くんは、もう大学レベルの数学解ける!

とか

〇〇ちゃんは帰国子女じゃないのに英語ペラペラ!

とか

息子にとっては羨ましすぎる子もいるようです。

 

はあ、天才なんてならなくていいから、平均点だけ取って欲しいわ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。