ディスカッションの勉強

お父さんと息子がケンカ腰で何やら話し合ってる。


どうしたのかな?
と思って聞き耳立ててみると、
どうやら死刑はやるべきか廃止すべきかで議論している模様。


「死刑がなかったら、被害者家族の気持ちはどうなるんだ!」
「でも死刑でも無期懲役でも、死んだ人は帰ってこないんだよ」
「だから、そんな「状況」の話してるんじゃない。
 刑罰というのは、罪を裁くだけでなく、生きている人間に
 どのように立ち直ってもらえるかを追求すべきなんだ!」



・・・は?


どうした?
いったいウチ、どうしたの?

と、ビビったけど、実はディスカッションの練習していたらしく。

議題は「死刑」で、賛成派と反対派にわかれて議論するらしい。
きちんと論破出来たら、成績に加点されるとのことで、
成績不振の息子からしたら、頑張りどころみたいです。


慶應中等部では、本当にいろんな授業があるらしく、
こうしたディスカッションも、早くから取り入れられているようです。


私が中学の時って、そんなこと全くしなかったけどね~( ゚Д゚)



・・・でもさ
ロジカルモンスターのお父さんに突っかかっていったって
負けるだけじゃん~
そりゃもう、嫌味なくらいに突っついてくるし、
こっちが突っ込むとすぐ話題転換するし。。


・・・頑張れ!ムスコよ!!
今こそ、父親を超える時だ(●o≧д≦)o頑張れェェェ



そういえば、正月の宿題でも、年賀状のデザインを
「ガッシュ」で描いてきなさい、というのがあって、
世界堂に買いに行ったことを覚えてます。
3年生になったら、全員が「油絵」をやるんですって!!


ディスカッションにしろ、油絵にしろ、
いろんな授業をやるんですね~。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。